生きづらさを3つに分けてみました

ヒプノセラピー, 立川, カウンセリング, メンタルクリニック

何だか暖かい冬ですねぇ。昨日は暑いくらいでした。
実は、今年の5月、前世療法の第一人者であるブライアン・ワイス博士のワークショップに参加する予定です。
海外に行くなんて、20年ぶりなんで、緊張します。気分はすっかり”はじめてのおつかい”状態です。
昨日、やっと延び延びにしていた、パスポートの申請にもいってきました。
立川のルミネの上にあるパスポートセンターは、思ったより空いていて、スムーズでしたよ!

さて、今日は生きづらさについてお話ししますね。

カウンセリングや精神科にいらっしゃる方は、何らかの生きづらさを抱えています。生きづらさに関する情報は溢れかえっていますが、一つ一つ上げていくと、キリがなくなってしまいますよね。

ですので、思い切って、生きづらさを3つに分類して、生きづらさの解決法の戦略を考えました。

あなたの生きづらさはどれでしょうか

①過去の辛い記憶による生きづらさ

過去の辛い記憶が、いつも自分を縛り付け、辛かった過去のように、また悪いことが起きるのではないかといつも怯えて過ごしています。
過去のつらい記憶を乗り越える一般的な方法は、忘れること、解釈を変えることです。

ヒプノセラピーでは、思い出す記憶を変化させるというテクニックもあります。

②現在の生活に関する生きづらさ

職場に苦手な人がいる、家族とうまくいかない、仕事や勉強がうまくいかないなどの、今直面している生活のなかのつらさです。
問題を解決するための、具体的な方法を一緒に考えてくれる人が必要ですね。

ヒプノセラピーではハイヤーセルフといった内なる助言者や、前世の自分、あるいは自分の体のパーツからのアドバイスを受けるなどのテクニックがあります。

③未来に関する生きづらさ

将来の見通しが立たないことの不安による生きづらさです。未来のことは誰にもわかりませんよね。でも、今がうまくいっている人は、このままうまく行くんじゃないかという見通しを持つことが出来るためこのようなことで悩むことはないでしょう。しかし、将来への不安を感じ始めると、考えれば考えるほどドツボにはまってしまいます。
分からないことは考えても仕方がないと割りきって、体の感覚に集中して視点を今に戻していく、マインドフルネスなどが役に立つでしょう。

ヒプノセラピーでは感覚的な時間を未来に移すことにより、未来の自分の感覚を体感し、姿を確認することが出来ます。

生きづらさの解決方法が、ふつうの心理療法とヒプノセラピーでは、全く違います。
だからヒプノセラピーでは別次元の癒しが短時間で実現できるのです😊

LINEのお友達登録で、無料メール相談5往復分をプレゼント!
今すぐ登録

投稿者: KNOEH.

精神科医です。催眠療法、ヒプノセラピーを得意としています。 クリニックでの治療に物足りなさを感じて、カウンセリングサロンを個人で開きました。 皆さんのお力になりたいと思います。 ヒプノセラピーに限らず、様々なご相談にお答えいたします。 お気軽にご相談ください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。