子育てでイライラしてしまうのは

つい、イライラして、子供をしかりつけてしまい、あとから自己嫌悪に陥ってしまう…

子供のことは、すごくかわいいと思っているのに、なんで、いつもいいお母さんでいられないんだろう…

子育ての悩みは、ほんと尽きないですよね。

まず確認してほしいことがあります。

お母さんが一人で沢山のものを抱えすぎていませんか?
疲れていたり、睡眠不足があると、感情のコントロールが悪くなってしまいます。
しっかり睡眠と休息がとれるように周りにも協力をお願いしましょう。

それでも、なにか引っ掛かっていることがありますか?

もしかしたら、お母さんの子供時代にそのヒントがあるかもしれませんね。

完璧なお母さんはいつも優しくしてくれていたけれど、理想のお母さんと自分とのギャップに苦しんでいるでしょうか。
あるいは、子供時代、お母さんから厳しく育てられ、いつも怒られていたか、怒られないように、いつも必死に両親の顔色を伺っていたでしょうか。

それなのに、気づくと親に言われたことを、自分の子供に言っていることに気づいたり…
口答えをするお子さんに無性に腹が立ったり…

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

子育て中のお母さんの心は、ほぼ、無意識が支配しているといっても良いと思います。

だから、子育てはいくら頭で考えてもうまくいかないことがあるのですね。

お母さんは、自分のお腹からでてきたお子さんを、どうしても、自分と別の存在として見ることが出来ません。
それは、母性や、母の愛情などと言われることが多いですね。
だからお母さんは、自分の半身のように、子供に愛情を注ぐこともできます。

しかし、じつはその事で、困ったことも起こるのです。

それは、無意識に、自分の分身としてお子さんを見てしまうことで、お子さんに、親の期待に応えようとしていた幼い頃の自分を重ねたり、あるいは、自分が叶えられなかった夢をお子さんに託してしまったりするからです。

すると、意識では抵抗しようと思っても、することのできない、再現ドラマが始まってしまいます。

かつて親にこっぴどく叱られていた自分の子供時代と同じような行動をお子さんがしているのを見ると、無性に腹がたち、お子さんを叱りつけるでしょう。
なぜならば、そんなことをしたら、無意識の中に住んでいる、幼い頃の記憶の中の「母」が激怒するからです。

こうなると、自分もお子さんも苦しい思いをしてしまいます。

ではどうしたらよいのでしょうか。

解決方法は、傷ついた無意識を癒すことにあります。

満たされていない思いがあって、今取り返せるものは自分自身で実現してしまいましょう。そうして、過去の出来事の記憶を解き放ちましょう。

そうしたら、お子さんをあなたの分身ではない、一人の小さな人間として見られるようになるでしょう。
お子さんは、あなたに似た脳の構造を持ちながらも、まだ未熟な脳で、一生懸命考えながら生きています。
そう考えると、お子さんの失敗も、口答えも、愛おしくて、仕方のないものに見えてきませんか?

もし、うまく解き放てない場合はご相談くださいね✨
子供の頃の無意識の傷つきを癒してあげることで、きっと、お子さんとちょうど良い距離を持って接することが出来るようになりますよ

LINEのお友達登録で、無料メール相談5往復分プレゼント!

#カウンセリング #ヒプノセラピー #メンタルクリニック #精神科
#うつ病 #死別 #パニック障害 #がん #生きる意味 #催眠療法 #前世療法 #スピリチュアル #死にたい #つらい #苦しい  #前世 #子育て #うつ #自分が嫌い

投稿者: KNOEH.

精神科医です。催眠療法、ヒプノセラピーを得意としています。 クリニックでの治療に物足りなさを感じて、カウンセリングサロンを個人で開きました。 皆さんのお力になりたいと思います。 ヒプノセラピーに限らず、様々なご相談にお答えいたします。 お気軽にご相談ください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。